硝子屋 PRATO PINO のこと

Date : 2009年05月19日

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.19[火] ひょうたん

おめでたい贈り物

PICT8106.jpg

記念品に


PICT8112.jpg

引出物に
選んでいただいたもの

幸せをはこんでくれますように
スポンサーサイト

2009.05.19[火] 09 春 「益子陶器市」 お礼 振り返って 1

☆ 栄治

 益子陶器市 では 私のテントに本当に多く方に 訪れて頂け、
手にとって見て頂いたり、作品の写真を撮って頂いたり、お求め頂いたり、
みなさんに興味もって頂けたことが、 嬉しかったです

ありがとうございました☆

 本当に多くのみなさんが写真撮って行かれました
『 水の器   』 と 『 ウインドウ (窓のやつ) 』 が被写体として人気でしたし、
多くの方にお求め頂きました 

 あと、『 ペンダント花瓶 』 も 人気でした 
 
 私のご提案する 「 花器 」 は すべて ポイントに 草花を生ける事によって 
完成する花器 
    使う事の 楽しさ、  さりげなく草花を 生ける楽しさ、
 作品の意図が皆さんに通じたのかなと嬉しく思っています

「 食器 」 も 基本的にシンプルですが、
      うちらしい  「 楽しい 」 も 感じて頂けたかと   

 みなさんが 「 いいですね 」 といって頂けるので
       私は   「 うちの作品は 特別、変わった技法を使ってる訳ではないんですよ
            水のお陰、草のお陰です 」  と
  
     「 アイデアがいいわ~  面白い☆ 」  と 

 確かに、「 こんなのが欲しい、面白い 」 と思って作ってるので 嬉しいです



ですが、 今回は 新たな想いが・・・

私は 「  自分の作るものを ちゃんと使える  器 だと思ってる  」

  けして インパクト、アイデア、珍しさ だけを 売りにしてるつもりはいない 

『 水の器 』 も  口が 小さいから
「 綺麗ね~ でも、中が洗えないわよ~ 」 という声 も ちらほら 
「 ちゃんと 洗えますよ 」 けして インパクトのみで 売ってないですよと 
   使い方、洗い方を説明

「 薄いグラスは すぐ壊すわ~ 」 と、いうお声に 
「 使えば、厚いグラスとの違いがわかって頂けると思いますよ 
   お気に入りのグラスは 大事に扱うので割れませんよ、お勧めです 」  と 説明

そんな感じで、 末永く ご愛用頂けるの事を 願っています
お求め頂いた皆さんが ちゃんと ご愛用頂けてるかが心配です

   何が言いたかったと いうと、

 今回は 初の 陶器市出展ということもあり、多くの 皆様にお求め頂けましたが、 
  
  『 使ってみて 実際に 気に入って頂け、また足を 運んで頂ける様な 、 
       
                 丁寧な  ガラス 器  作りを していきたいな  』

 と、  感じました (ちょっと熱いですね(汗))

 注 :人それぞれ価値観は違うので、それを尊重していない訳ではなく
    自分自身が 作品を作る上で、大事にしていきたい 心構えを書いてみました


 『 ペンダント花瓶 』 お買い求め頂いた 女性が
            後日、 ペンダントにお花生けて 友達 連れて来てくれて
    「 ここいいよ~ 」 と  勧めて頂いてた事が うれしかった

 
 秋の陶器市も参加させて頂ける事になりました。
 「 気に入って 使ってるよ~ 」 とか 言って頂けるかな

 ご記帳頂いた皆様 お礼のご挨拶は
 松本クラフトフェアの後、落ち着きましたら送らせて頂きます
 遅くなりますがどうぞお許し下さい

  ありがとうございました☆


                                               

プロフィール

硝子屋 PRATO PINO

Author:硝子屋 PRATO PINO
千葉 九十九里浜まで歩いていける静かな場所に吹きガラス工房を構え日々制作しています
by 松野栄治 マツノミカ 

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

Copyright © 硝子屋 PRATO PINO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。