硝子屋 PRATO PINO のこと

 硝子屋 PRATO PINO の 活動報告 日々の出来事

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.06[金] 『 水の器 』

☆栄治

2009年は 『 水の器 』 メインであっちこっち伺います

画像 009  a

画像 001  a  350>画像 013  a

画像 016  a>画像 020  a

一輪入れるだけで十分☆

去年の夏、もともと益子のスターネットさんのご提案ではじまったこのシリーズ
 『 水の器 』 と 命名しました
いろいろな カタチの水の雫を 思い浮かべて 作っています

この器、薄目です
わざと薄くしています
薄いとガラスの存在も少なくなり、まさに水のカタマリ
アクセントに植物 一輪 生ければ なんだか水のオブジェの出来上がりです

『 使用上の説明 』
・口いっぱいに水を入れて下さい
 水のカタマリになります
・口いっぱいに水を入れておけば水垢がつかないんですよ
 水が減りすぎると水垢つくかも  少しの減りならぜんぜん大丈夫です
 減ってきたら小さいジョウロみたいので足してます
・中に藻?が付くようですと、水の換えなさ過ぎです(苦笑)
・もし、器の中に藻、汚れが付きましたら水と新聞紙(適当な大きさに千切り)
 適度に入れてシャカシャカ振ったり、廻したりすると綺麗に落ちますよ
・口も小さいから多分、皆さん汚れる!洗えないと、
 心配されるでしょうが、それが、思ってる以上×30 に汚れないんですよ!
 水換えが、いい加減な私ですが、
 アトリエでも昨年の夏から使い続けてるのもありますが汚れてません!!!

 栄治 かなり お勧めの器になりました☆

・ただ、水を入れると、かなりの透明度のあるカタマリ、
 レンズのようになる場合がありますので、
 強い直射日光、照明が入る場所には置かないで下さい
 (昔、ガラスの林檎、サッカーボールのオナーメントで
 小火騒ぎがあったそうです)それだけが心配です

『 水の器 』 お気に入りの作品で、アトリエにいつも使っています☆
今年は野外展示がけっこうあります
シンプルですが、とっても ミズミズシイ 面白いオブジェになります
きっと皆さんの目を楽しませてくれるでしょう~☆



スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://pratopino.blog27.fc2.com/tb.php/120-ec9300a6

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

硝子屋 PRATO PINO

Author:硝子屋 PRATO PINO
千葉 九十九里浜まで歩いていける静かな場所に吹きガラス工房を構え日々制作しています
by 松野栄治 マツノミカ 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

Copyright © 硝子屋 PRATO PINO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。